アパート 建築費

各社の建築費・収益プランがもらえます♪無料です

アパートの建築費の相場

近年、遊休地の土地活用の一つとして、マンション経営やアパート経営に対する関心度が高まっています。

 

 

 

本業は会社員、公務員だけれども副業としてマンション経営やアパート経営という選択をされる方もおられます。

 

 

 

しかし、マンション経営を行う場合は数億円の建築費用が相場となっており、初期の投資額がどうしても高額になってしまいそれだけリスクも伴います…。

 

 

 

 

そのため、マンションを建てるよりも建築費用が安いアパートを建て、経営をお考えになられる方が増えてきています。

 

 

 

 

まず、アパート経営にあたり新築で建てる場合の建築費用や相場はどれぐらいなのか調べてみました。

 

 

 

 

当然ですが、建物の規模や間取り、構造、デザイン性、設備、グレードなどによって費用が大きく異なることもありますので単純に比較することはできないのですが、アパートの建築費を大きく左右するものの一つに建築構造があげられます。

 

 

 

 

 

建築構造には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造がありますが、
一番建築費用が安いのは木造、続いて鉄骨造、最も建築費用が高いのは鉄筋コンクリート造だと言われています。

 

 

 

 

一番建築費用が安い木造で、10戸程度のアパートを新築する場合の建築費の相場は3000万円〜5000万程度といったところでしょうか。

 

 

 

 

しかし、最も建築費用が高い鉄筋コンクリートで、一戸あたりの部屋数を多く造ったりする場合にはさらに高くなります。

 

 

 

 

また、アパートの建築費は業者によっても大きく異なる場合があります。

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーでアパート建築を依頼すると建築費は高めですが、
最近、ローコストでアパート建築が可能なところもあり、初期費用を軽減できるため金融機関からの借入額も最小限に抑えることができます。

アパートの建築費をローコストにするには

お持ちの土地がある場合、不動産投資をお考えになる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

不動産投資の一つとして、アパート経営を始めようと思っているものの、新築でアパートを建てる場合の建築費が気がかりな方も多いと思いますし、できる限りローコストに抑えたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

もちろん、アパート経営で成功するためには高い入居率を確保しなければならないため、最新の設備にお金をかけ、デザイン性を追求したり、グレードの高いものを採用したいため、建築費にお金をかけるといった選択肢もあります。

 

 

 

 

しかし、自己資金が限られている場合はやはり建築費を可能な限りローコストに抑えることも大切です。

 

 

 

 

最近、ローコストなアパートも急増しており、商品を規格化すること、なるべくローコストな構造を選ぶことでアパートの建築費を最小限に抑えることも可能です。

 

 

 

 

 

一般的な住宅と同じで、基本的にローコスト系のハウスメーカーでは商品を規格化することで無駄なコストを最大限にカットしていますが、アパートの場合も商品を規格化することでコストを抑えることは可能です。

 

 

 

 

続いて、アパートの建築費をローコストに抑えるためには構造選びも重要になってきます。

 

 

 

 

構造には、木造、軽量鉄骨、重量鉄骨、鉄筋コンクリートなどがありますが、
なるべくローコストで抑えたいのなら、木造でのアパートの建築をお勧めします。

 

 

 

 

基本的にローコストでアパートの建築に対応されているようなところでは、構造は木造になっていますが、木造であっても業者によって坪単価の設定は異なってきますので、複数の業者での見積りを比較し、プラン内容なども比較する必要があります。

 

 

 

 

その他になるべくローコストで抑えるためには、地盤改良費が発生しないため地盤の良い場所に建てたり、なるべくシンプルなプランを選ぶことでも建築費を抑えることは可能です。

 

 

 

 

しかし、建築費を安く抑えるがあまり、部屋数が少なかったり、設備が最小限、壁が薄いなどの条件ですと敬遠されてしまい、入居者がなかなか集まらなくなってしまうなどの状況を招きますので注意が必要です。

木造アパートの建築費について

アパート経営を検討されている場合、まず問題となるのは建築費ではないでしょうか。

 

 

 

どれぐらいのアパートを建築するのかによっても建築費用は異なってきますが、
基本的に新築でアパートを建築する場合は高額なお金が必要になってきます。

 

 

 

できる限りアパートの建築費を安く抑えたい場合は、構造を木造にすることをお勧めします。

 

 

 

 

建築構造には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造がありますが、最も建築費用が安いのは木造だと言われています。

 

 

 

 

そもそも、木造とは壁や柱、床、はり、屋根又は階段などの主要構造部に木材を用いた建築物のことを言います。

 

 

 

 

まず、木造の平均的な坪単価をみていきましょう。

 

 

 

 

もちろん、住宅メーカーを選ぶのかや工務店に依頼するのかなど建設会社によっても価格設定は大きく異なってきますが、目安としては坪当たり40万〜60万円程度だとされています。

 

 

 

 

1坪を3.3平方メートルとし、坪単価を50万円に設定すると1平方メートルあたり15万円という計算になります。

 

 

 

 

 

20平方メートルの部屋の場合は、一部屋あたり300万円の費用が必要となり、
8戸の部屋数のあるアパートを建築する場合は、2400万円の建築費が必要という計算になります。

 

 

 

 

アパートといっても一人暮らしをターゲットとしたものもあれば、小家族世帯をターゲットとした広さのアパートもあるため、部屋の広さによっても建築費用は異なってきますので、あくまで参考程度とお考え下さい。

 

 

 

 

木造アパートの最大のメリットとしては、やはり建築費用が安いということではないでしょうか。

 

 

 

 

 

しかし、その一方で鉄筋コンクリート造の物件などと比較すると、騒音が響きやすかったり、鉄筋コンクリート造などと比較すると気密性が悪く、冬場の寒さが気になるなどのマイナーなイメージもあります。

RC造のアパートの建築費は?

RCとは、鉄筋コンクリート造を略したもので、柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いた住宅のことを言います。

 

 

 

鉄筋とコンクリートを採用した造りとなっているため、木造住宅と比較すると耐久性に優れていますし、断熱性や気密性も高く、そして耐火性や遮音性にも非常に優れています。

 

 

 

そのため、アパート経営をお考えの方は鉄筋コンクリート(RC)造でのアパートの建築をお考えになる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、鉄筋コンクリート(RC)造にもデメリットがあり、木造住宅の建築費用と比較するとRC造住宅は建築費用が高いということがあげられます。

 

 

 

 

アパート建築にあたり、代表的な構造として木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造があげられますが、この中で最も建築費用が高いのは鉄筋コンクリート造だとされています。

 

 

 

 

そのため、鉄筋コンクリート造でアパートの新築を検討していたものの、
最終的に費用の面で選択肢から外される方も少なくないと思いますが、RCでアパートを建築する場合の費用はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

 

 

まず、RCの平均的な坪単価をみていきましょう。

 

 

 

 

 

もちろん、住宅メーカーを選ぶのかや工務店に依頼するのかなど建設会社によっても価格設定は大きく異なってきますが、目安としては坪当たり70万〜100万円程度だとされています。

 

 

 

 

 

1坪を3.3平方メートルとし、坪単価を90万円に設定すると1平方メートルあたり27万円という計算になります。

 

 

 

 

 

20平方メートルの部屋の場合は、一部屋あたり540万円の費用が必要となり、
8戸の部屋数のあるアパートを建築する場合は、4320万円の建築費が必要という計算になります。

 

 

 

 

※部屋の広さによっても建築費用は異なってきますので、あくまで参考程度とお考え下さい。

アパートの建築費 一部屋あたりはいくらで可能?

アパートの建築にあたり、まず費用がどれぐらいなのか?といったことが気になりますが、アパート一戸あたりの建設費用に戸数をかけることでおおよその建築費用を把握することができます。

 

 

 

まず、アパート経営をお考えの場合は、どれぐらいの規模のアパートを建設するのかや、一人暮らしをターゲットとしたアパートにするのかや、小家族をターゲットとしたアパートにするのかなどを元に、一戸あたりの部屋の広さを検討し話を進めていきますが、この一部屋あたりの広さも建築費に影響します。

 

 

 

当然、一部屋あたりの面積が小さい場合は、建築費用をローコストに抑えることができますが、一部屋あたりの面積が大きい場合は、建築費用は高くなってしまいます。

 

 

 

 

例えば、一人暮らしをターゲットとしたアパートでは1Kタイプのものが多いと思いますが、キッチンやトイレ、お風呂などが完備されて安くて300万円前後〜といったところでしょうか。

 

 

 

 

ですが、小家族をターゲットとしたアパートの場合は、安くても500万円前後〜といったところでしょうか。

 

 

 

 

なるべく、アパートの建築費用を安く抑えたいという場合は、建築構造は木造を選ぶといった選択肢があります。

 

 

 

 

木造の坪単価の目安としては40万〜60万円程度だとされており、
1坪を3.3平方メートルとし、坪単価を50万円に設定すると1平方メートルあたり15万円という計算になります。

 

 

 

 

仮に一部屋あたり20平方メートルの部屋を建設する場合は、一部屋あたり300万円の費用が必要という計算になります。

 

 

 

 

この一部屋あたりの費用が300万円というのは比較的安い方で、
中には1Kの間取りにトイレ、お風呂、洗面、ウォークインクローゼットが標準で完備されており一部屋あたりの費用が300万円をきるような価格で提案されているところもあります。

 

 

 

 

グレートやアパートの規模・土地の条件などによっても価格は大きく変動しますので、あくまで目安程度とされて下さい。

アパートの建築費 坪単価にすると

アパートの建設にあたり、建築費はもちろんおおよその坪単価なども参考程度に検索されるのではないでしょうか。

 

 

 

 

実は坪単価は建築構造によっても大きく変動する場合があります。

 

 

 

 

アパートの建築構造には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがありますが、
それぞれの坪単価を以下にまとめてみました。

 

 

 

【木造の坪単価】
最も坪単価が安いと言われている建築構造で、坪単価の目安としては40万円〜60万円程度だとされています。
建築コストをローコストに抑えることができるため、物件の利回りは期待できますが、
木造は騒音が響きやすかったり、気密性が悪いなどの欠点もあります。
また、防火地域に設定された土地である場合には、国土交通省の認定を受けた耐火建築物でなければ木造を建てることができないなどの条件も定められています。

 

 

 

 

【鉄骨造の坪単価】
鉄骨造の坪単価の目安としては50万円〜80万円程度だとされています。
建築資材は工場で作られ、それを現場で組み立てる方式が採用されているため、アパート完成までの期間が短いというメリットがあります。

 

 

 

 

【鉄筋コンクリート造の坪単価】
最も坪単価が高いのは鉄筋コンクリート造で、坪単価の目安としては70万円〜100万円程度だとされています。
鉄筋とコンクリートを採用した造りとなっており、耐久性も高くアパートの建設だけではなくマンションの建設でも採用されることの多い構造だと言われています。
初期の建築コストは高いというデメリットはありますが、何より建物が丈夫で修繕費などの費用がかからないというところはメリットでもあります。

 

 

 

 

 

アパートの建築構造別の坪単価を紹介しましたが、本体価格のほかにも外溝工事費や駐車場敷地費用などの別途工事費が必要となり、目安としては本体工事費の20%程度だと言われています。

アパートの建築費 消費税は?

不動産投資の中でもマンションやアパートの投資にはとても高額なお金が必要となり、
一棟のアパートを建築する場合、建築費用の中に消費税が含まれています。

 

 

 

アパートの建築にかかる費用は、もちろんアパートの規模や構造、グレードなどによっても異なりますので一概には言えませんが、一般的には数千万円の費用がかかり、その建築費用にかかる消費税も高額になります。

 

 

 

しかし、このアパートの建築費用にかかる消費税は、いくつかの条件を満たすと国から還付してもらうことも可能となっているのです。

 

 

 

アパート経営やマンション経営では、消費税還付の制度といったものが導入されています。

 

 

 

 

この消費税の還付はアパート経営やマンション経営のオーナーさんに全て適用されるというわけではなく、課税事業者でなければ還付はしてもらえません。

 

 

 

 

では、課税事業者になるにはどのような手続きを行えばいいのでしょうか。

 

 

 

 

消費税の課税事業者の届出を提出することで、消費税の課税事業者になることができます。
ただし、消費税の課税事業者の届出を一度提出すると、2年の間は課税事業者をやめることができないため注意が必要です。

 

 

 

 

また、建築引渡後に消費税還付の手続きを行うことは不可になっているため、引渡前に専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

課税売上割合が大きいほど還付額は大きくなると言われていますので、届出提出時期、建物引き渡し時期、課税売上をどのように発生させるかなど、入念な計画を立て消費税還付対策を行いましょう。

 

 

 

 

ちなみにですが、消費税の還付手続きは一般的には税理士に依頼されることが多いようです。

アパートの建築費を比較

アパート建築を検討している方は、建築費を一番気にしているのではないでしょうか?

 

 

 

実際どこの会社が一番安く建てられるのなどなどです。

 

 

 

その次の悩みと言えば、建てたは良いけど、実際どれぐらいの利回りがあって、建ててからの収支が気になるなどではないでしょうか?

 

 

 

その様なな悩みは下記の「タウンライフ土地活用」のサイトが無料で解決してくれます。

 

 

 

ポイントは全て無料で、

 

1、各会社の建築費がもらえます。いろんな会社を比較するの最適な資料です。

 

 

2、各会社ごとに建築プランがもらえます。

 

 

3、収支計画書ももらえます。

 

 

↓こちらです