アパート経営 デメリット

各社の建築費・収益プランがもらえます♪無料です

アパート経営のデメリットについて

アパート経営では入居者がいる限り定期的な家賃収入が得られたり、税金対策上のメリットも存在しますが、デメリットというものも存在します。

 

 

 

今回はアパート経営に伴うデメリットについてまとめてみました。

 

 

 

 

まず、アパート経営に伴うデメリットとして初期の投資金額が非常に高額だということです。

 

 

 

 

アパート経営を行う場合ですが、すでに所有されている土地がある場合を除き、土地を購入するための費用とアパートを建てる費用が必要になってきます。

 

 

 

 

建物の費用はアパートの規模によってもピンキリですが、一番建築費用の安い木造アパートで建てる場合でも数千万円〜の費用がかかりますし、最新の設備の導入やデザイン、外観、内装などを全て妥協せずに建てる場合は、とても高額なお金がかかります。

 

 

 

 

さらに、人気のエリアでアパート経営をお考えの方は、土地を購入するための費用も高額になってきます。

 

 

 

 

 

アパート経営では、定期的な家賃収入が得られますが、初期の投資金額が高額だと、
ローンの返済額も高額になり、家賃収入から得られる収益が見込めない可能性もあります。

 

 

 

 

次に、アパート経営では空室に伴うリスクというものがつきものです。

 

 

 

 

当然ですが、空室に比例するように家賃収入は減少するため、長期間空室が目立っているようなアパートだとローンの返済が困難な状況になってしまうこともあります。

 

 

 

さらに、アパート経営では建物の老朽化に伴うリスクというものは避けて通れないため、建物の老朽化に伴い、空室の問題はつきものですし、その対策としてリフォームや修繕などが必要になってきますが、修繕するための費用も発生します。

 

 

 

 

 

場合によっては、入居者を確保するために月々の家賃を下げることもあります。

 

 

 

 

また、アパート経営が困難な状況となってアパートの売却を検討されるかもしれませんが、アパートの場合売却に時間がかかるケースが多く、希望の価格で売却できないこともありますので、経営を行う前に資産の運用方法などについて、しっかりと計画を立てていく必要があります。

 

 

 

 

アパート 建築費|各会社を一括比較!のTOPへ戻る