アパート経営 メリット

各社の建築費・収益プランがもらえます♪無料です

アパート経営のメリットについて

アパート経営で成功されたオーナーさんの体験談を目にすると、アパート経営では成功した時に得られるメリットが大きく、魅力的に感じるかもしれません。

 

 

 

しかし、アパート経営でメリットが存在する以上、当然デメリットというものはつきものです。

 

 

 

今回はアパート経営に伴うメリットについてまとめてみました。

 

 

 

まず、アパート経営とはアパートを一棟購入し、そのアパートの所有者として各部屋を入居者に貸すことで家賃収入というものが発生します。

 

 

 

アパートの規模は異なりますが、6〜8部屋くらいのアパートを経営されている方が多いようです。

 

 

 

アパート経営で得られる最大のメリットとして、アパートに入居者がいる限り定期的な家賃収入が得られるという点です。

 

 

 

 

駅からのアクセスも良く、その立地の安全性が高く、街並みが良いなど環境条件が良いエリアで、常に満室のアパートの場合は長期間にわたり安定した家賃収入が見込めます。

 

 

 

 

 

 

近年、副業としてアパート経営を始める方が急増していますが、
本業の給料とは別に月々に安定した副収入が得られることに対するメリットは大きいですし、忙しくて管理などはできないという場合は、管理会社に全て任せることも可能です。

 

 

 

 

そして、税金対策にもなるというメリットも得られます。

 

 

 

 

 

例えば、駐車場経営で土地に建物がない場合は、軽減措置の適用はありませんが、
アパートを建てる場合は、土地の税額が6分の1に軽減されるため、固定資産税が安くなります。

 

 

 

 

 

さらに、相続税に対しても軽減措置が適用されるため、アパートを建てることにより建物の評価額は30%減、土地は20%前後減となり、節税対策にもなりますし、市区町村によっては、都市計画税の軽減措置が適用されるところもあります。

 

 

 

アパート 建築費|各会社を一括比較!のTOPへ戻る